スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「非実在青少年規制」反対表明チラシのご賛同人募集

2010.04.20 *Tue
5月のGWに東京・大阪で開催される同人誌即売会(2,3日のスーパーコミックシティ19、4日のコミティア、並びに7日のコミックシティ大阪79)において、「東京都青少年健全育成条例」の反対に関しての呼びかけをするため、チラシを配ることを計画しております。
3/14のJ.GARDENでは「3/15の集会に参加してほしい」というお願いの呼びかけだったのですが、そちらとは内容を異にするチラシであるため、改めて賛同人の募集を行います。
前回のチラシに関するご報告ブログです。ご協力くださった賛同者の皆様および配布サークルの皆様、どうもありがとうございました。
http://hijitsuzai.blog129.fc2.com/

下記の文面をお読みいただき、このチラシの主旨に賛同していただける方を広く募集しております。
(前回チラシにご賛同者くださっている方の場合も、お手数ですが改めてのお知らせをお願いします)

同人誌のみで活動する作家さんを含めてしまうと人数が膨大になることが予想されるため、大変申し訳ありませんが、何らかのかたちでプロとして活動するクリエイター(漫画家、作家、イラストレーター、シナリオライターなどなど)に限らせていただきます。BL、ライトノベル、少女漫画、少年漫画、青年漫画などなど、ジャンルは問いません。
プロとして活動しているクリエイターなら、ゲーム関係、アニメ関係、ももちろんOKです。よろしくお願いいたします。

ただいまweb上の賛同人リストに掲載する賛同者の皆様を追加で募集しております。よろしくお願いいたします。
http://hijitsuzaigw.blog121.fc2.com/blog-entry-15.html(5/2追記)

このチラシの内容に賛同し、賛同人リストに名前を連ねていいという方は、この記事へのコメントで、
「ペンネーム・ふりがな・職種」
の3 点をお知らせください。

ご友人の方をまとめてお知らせしてくださっても、もちろんOKです。
この記事の下部にあるの「コメント」を押すとコメントの書き込みフォームが出てきますので、そちらにご記入下さい。
不安だという方は、→のカラムにあるメールフォームで「ペンネーム・ふりがな・クリエイターとしての職種」をご連絡下さい。

なお、職種は公開いたしません。

〆切ました。ご協力、ありがとうございました!

賛同人リストはある程度人数がまとまり次第、随時このブログで公開させていただきます。その際に、お名前がなければ、お手数ですがご一報下さい。
前回取りこぼしてしまったりミスをしてしまったため、今回はこのような方法を採らせていただきます。
ご協力いただく皆様に個別にお礼のメールができないことを、あらかじめお詫び申し上げます。

チラシの文面は、こちらのPDFファイルでもお読みいただけます。このPDFファイルと文面は、現在作業が進行しており、場合によっては変更される可能性があります。訂正事項がありましたら、このブログにてお知らせいたします。
また、アドバイスなりなんなり、忌憚ないご意見を聞かせていただけますと幸いです。
(文責・深沢梨絵)

★正式なものができましたので、下記をご覧下さい。
http://hijitsuzaigw.blog121.fc2.com/blog-entry-10.html

【チラシ文面・オモテ】
私たちは『非実在青少年』規制に反対します

いま、東京都の「青少年の健全な育成に関する条例改正案」にはじまる、各地方自治体での表現規制の動きが論議の的になっています。
憲法に定められた権利を侵害し、さまざまなテーマの表現作品が生まれる芽を潰してしまうこうした規制案に、私たち***名のクリエイターはきっぱりと反対を表明します。

Q.「東京都健全青少年育成条例」ってどんなものですか?
A.漫画やアニメなどで18歳未満と思われるキャラクターの性描写が描かれている本の出版社、これを販売する書店やコンビニ等は、つねに、東京都があと押しする「悪書追放運動」による圧力の対象となります。
 また同人誌即売会等も、会場を借りることがとても難しくなります。

Q.この条例が可決されると、どんな問題がありますか?
A.「青少年と性」をテーマとした作品はすべて対象とされえます。「自主的な取り組み」を求めるものだけに、出版社、販売者の過剰な自主規制を招き、よほど気骨のある出版社以外は、「青少年と性」をテーマにした作品を出せなくなります。
これらは憲法第21条で保証された「表現の自由」を著しく侵害します

Q.今回の規制は男性向けじゃないの?
A.いいえ。男性向けに加えて、女性向けのBL・TL・少女漫画もはっきりとターゲットになります。

Q.東京都の説明を読むと、それほど影響はなさそうですが?
A.都のHPでは実際に運用される条文のごく一部を説明しているだけで、実際には厳しい表現規制を招きかねません。

Q.『非実在青少年』規制の条例は、3月の都議会で廃案になったのでは?
A.まだ廃案にはなっていません。6月1日から始まる次回の定例議会で改めて審議され、早ければ6月15日ごろまでに、こんどこそ可決されてしまう危険性が高まっています。
 また大阪府でも同じような表現規制を検討する調査が始まり、大阪府の動きも見過ごせない状況になっています。

Q.反対のために、私たちには何ができますか?
A.議会の議決権を持つ都議会議員(大阪府議会議員)や各会派へメールや手紙、陳情などで意見を訴える
(具体的な方法を示唆する情報元として、ブログへのURLと携帯用QRコードを貼ります)
・身近な方と話してこの条例案の問題点を知ってもらう
(漫画やアニメに関心ある人たちだけでなく、一般の人たちにこの問題を正しく理解してもらうことが大切です)
・ブログやツイッターなどの発信手段を持っている人は、それを使って情報を広めていく
・反対活動に積極的に取り組んでいる団体やキーパーソンを支援する


【チラシ文面・裏】
「現実の被害者が存在する児童ポルノへの規制は必要だとしても、現実には被害者がいない創作物に厳しい規制を課そうとするのはなぜなのか?」「憲法に定められた表現の自由を侵害するのではないか?」といった、今回の改正案に対するたくさんの反対意見を前に、都側では現在、サイト上で以下のような説明を行っています。

・東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案のポイント
(http://www.seisyounen- chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pointo1.pdfより抜粋 表記は原文ママ)
 ●青少年との「性交(セックス)又は性交類似行為(フェラチオ・アナルセックスなど)」を不当に賛美・誇張して描いた悪質な漫画等についても、「18禁図書」として「成人コーナー」に区分陳列し、青少年に販売しないよう、出版社・販売者の自主的な取組(自主規制)を求めます。
 ●それにもかかわらず、一般の書棚で、青少年に対する強姦等を賛美・誇張している「著しく」悪質な漫画等が販売されている時は、東京都が不健全図書として指定し、「成人コーナー」への移動を販売者に義務付けます。
<よくある質問に対する都側からの回答>
Q.漫画家など、創作者の表現の自由の侵害に当たりませんか?
A.「成人コーナー」に区分陳列し、青少年に売らないだけで、漫画等を作ること、出版すること、大人(18歳以上)が読むことは一切規制しないため、表現の自由の侵害には当たりません。
(Q.省略)
A.「成人コーナー」への区分陳列をお願いするのは、18 歳未満として描かれている青少年のキャラクターに対する、「性交(セックス)又は性交類似行為(フェラチオ・アナルセックスなど)」を直接、明確に 描写した漫画等に限定されます。したがって、単なる子供の裸や入浴シーンが該当する余地はありません。
また、「性交又は性交類似行為」についても、読者の性的好奇心を満足させることを目的として、不当にその行為を賛美し、誇張して描いたものに限定し、単なるベッドシーンや、主人公が性的虐待を受けた体験の描写がストーリー上含まれるだけで対象とされることはありません。

※なお、4月26日時点で、都のサイト上にさらに「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案 質問回答集」というものも出されています。http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/04/20k4q500.htm


「東京都青少年の健全な育成に関する条例」改正案条文より
(図書類等の販売等及び興行の自主規制)
第七条の二 年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの(以 下「非実在青少年」という。)を相手方とする又は非実在青少年による性交又は性交類似行為に係る非実在青少年の姿態を視覚により認識することができる方法でみだりに性的対象として肯定的に描写することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

(表示図書類の販売等の制限)
第九条の二 非実在青少年を相手方とする又は非実在青少年による性交又は性交類似行為に係る非実在青少年の姿態を視覚 により認識することができる方法でみだりに性的対象として肯定的に描写することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な 成長を阻害するおそれがあるもの

実際の条文はこちら→http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/08_joureikaisei/sinkyuutaisyou.pdf(東京都青少年・治安対策本部サイト内)

 つまり、さまざまな描写から18歳未満かも、と決めつけられたキャラが、「みだりに」色っぽかったりエッチな展開に関わったりする作品は、その気になればすべて規制の網にかけてしまえるわけです。

私たちと同じように、こうした条例改正案、規制案に反対の気持ちを抱かれた方は、どうか具体的な反対アクションを! 黙っていては、あなたの意見は決して伝わらないのです。

賛同者リスト・五十音順、敬称略

※4月20日23時、専門家のご指摘を受けてチラシ文面の一部を手直しいたしました。
※4月25日午前0時、少しだけですが大阪府の動向を加えた形に手直しいたしました。
※4月26日21時、本文中に、条例改正案条文が掲載されているURLを貼りました。
※4月27日15時、東京都青少年・治安対策本部のサイトに条例改正案の条文がアップされたことを受け、文面を訂正。またメールフォーム宛てにいただいたご意見を参考に、オモテ面にQ&A項目を一点追加。さらに入稿用デザインに合わせて過剰な文を若干はぶくなどいたしました。
※5月2日、このエントリーのPDFファイルへのリンクを削除。代わりに正式なチラシデザインのエントリーにリンクを張り直しました。
CATEGORY : 賛同人募集

プロフィール

hijitsuzaiGW

Author:hijitsuzaiGW
今回のチラシ配布は賛同人の総意で行いますため、特に代表者は定めません。賛同人リストの取りまとめは和泉桂が担当します。
★このページはリンクはご自由にどうぞ。



最新記事



カテゴリ

未分類 (1)
サークルの皆様へ (1)
賛同人募集 (3)
お知らせ (4)



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



検索フォーム



QRコード

QR



Copyright © 「非実在青少年規制」反対フライヤーについて All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。